2009年12月17日

DAYS JAPAN:一枚の写真が国家を動かすこともある

タイトルの「一枚の写真が国家を動かすこともある」をキャッチコピーとしているフォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」が、存続の危機にたたされています。
DAYSから視る日々(公式ブログ):DAYS JAPANからの今年最後のお願い
同上:DAYS JAPAN存続キャンペーン

現在、12月31日まで「存続キャンペーン」として
1年間の購読が、通常価格8700円(税込)から割引価格7700円(税込) となっています。
こちらから申し込みができます。
DAYS JAPAN存続キャンペーン申込み

以下、DAYS JAPANをご存じない方へ向けて書きます。

この雑誌は、

9・11 事件の後、人々の間でメディア不信が広がりました。
私たちが知らなければならなかった情報の多くが、私たちの元には届きませんでした。
メディアの流した情報が、戦争への道を促した場合もありました。
時代は危険な方向に突き進みました。
メディアを私たちの手に取り戻したい。
DAYS JAPAN 公式HP「発刊の経緯」より引用)


という思いのもと、

今、情報はあふれているものの、どの情報を信頼していいのかわからない状況に私たちは置かれています。アフガニスタン、パレスチナ、イラクと次々と戦争があるたびに、既存の大手メディアへの信頼感は少しずつ薄れ、あらゆる情報にバイアスがかかっていることを、誰もが感じています。戦争前に戦争誘導型の記事が現われたり、その戦争の遂行に水を差す記事や写真は、編集部の上層部に差し止められたり、「読者投書」欄の意見も注意深く除かれています。

アフガニスタンの戦争でもイラク戦争でも、現場から責任を持って報告するフォトジャーナリストはいないわけではありませんでした。でも日本ではそうした写真が陽の目を見ることは比較的少なかったのが実情です。日本のメディアがそうした写真をあまり掲載したがらなかったからです。

すぐれた写真を撮るフォトジャーナリストは存在する。しかし発表するメディアが少なすぎる。つくづくそう思ったのです。

日本のフォトジャーナリズムは、今、危機に瀕しています。志あるフォトジャーナリズムが消えていくことは、時代が恐ろしい方向に突き進んでいくのをチェックできないということなのです。時代を読み取る目を失うということなのです。

新聞のネット移向、テレビ離れなど多くのことが言われていますが、内実のことが語られないことはまれです。何を伝えなければならないか、何を知らなければならないのか。DAYS
JAPANは声に応えていきたいと思っています。
DAYS JAPAN 公式HP「発刊の趣旨」全文)


ということを趣旨に2004年4月に創刊され、今年で5周年を迎えた雑誌です。

sanouaも定期購読していますが、編集長の広河隆一さん(wikipedia個人HP)の
読者に「楽しみ」をもたらす雑誌ではありません。時には見るのもつらい状況を伝える雑誌です。
DAYS JAPAN 公式HP「創刊5周年にあたって」より引用)

という言葉通りの雑誌です。正直、仕事に疲れて帰ってきて、さて気晴らしに。。。というわけにはいきません。
けれど、編集長の広河隆一さんは、上記の言葉に、こう続けています。

しかし絶対に目をそらしてはいけないことがあり、私たちはそれを伝えることでこの時代と状況を皆さまと共有し、出口をさぐりたいと思います。
DAYS JAPANが必要なくなる社会を目指して頑張りますので、今後ともどうかよろしくお願いいたします。
DAYS JAPAN 公式HP「創刊5周年にあたって」より引用)


写真の素晴しさや、内容の濃密さだけではなく、
このような編集長の思いも含めて、受け止めていきたい、と思わせてくれる雑誌です。

くりかえしになってしまいますが、
今、こんな貴重で無くなってはいけない雑誌が、存続の危機にたたされています。
DAYSから視る日々(公式ブログ):DAYS JAPANからの今年最後のお願い
同上:DAYS JAPAN存続キャンペーン

現在、12月31日まで「存続キャンペーン」として
1年間の購読が、通常価格8700円(税込)から割引価格7700円(税込) となっています。
こちらから申し込みができます。
DAYS JAPAN存続キャンペーン申込み

未読の方は、本屋さんにもありますので、ぜひ手にとってみてください。
上記のような志も内容も素晴しい雑誌ですが、もちろん、写真の質も、とても素晴しいです。
sanouaも、一冊購読してみてから、定期購読をはじめました。

もうすぐクリスマスですし、ご自分や、知人へのプレゼントに、いかがですか?
この雑誌の存続、そしてこの雑誌が広がっていくことは、
ひいては、日本と世界、それらの未来へのプレゼントにもなるかもしれません。
posted by sanoua at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | サスティナブル・ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります、緑のgooスタッフ石澤と申します。

日頃より「緑のgoo」をご利用いただき、まことにありがとうございます。
ブログパーツを貼っていただいてるのを拝見し、コメントさせていただきました。


感謝の気持ちを込めてグリーティングカードを用意しましたので、
ぜひご覧いただければ幸いです。

http://clover.green.goo.ne.jp/track/kg839amuY2JJu6Hi2rOV


また、先日新たなブログパーツをリリースしました。

時計機能がついたかわいいパーツですので、
もしご興味いただけましたら、こちらもご利用いただければ幸いです^^


引き続き「緑のgoo」をよろしくお願いいたします。

Posted by 緑のgooスタッフ at 2010年03月31日 17:27
緑のgooスタッフ石澤さん、書き込み
いただきまして、ありがとうございます!
検索は、仕事でもかなり利用するので、
このサービスができたときは、
本当にうれしかったです。
クローバーも、ブログパーツをはらせていただきました。
これからも、がんばってください!
とても微力ながら、応援しております。
Posted by sanoua@管理人 at 2010年04月19日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック