2010年09月02日

ブログ名変更しました

最近、映画のエントリがめっきり減ってきて、たまの投稿でも他のこと(ダンス多し)ばかりなので、タイトルを変更しました。
今後とも宜しくお願いいたします^^
posted by sanoua at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

身体改造計画。

お久しぶりです。
突然ですが、身体改造計画です。
と言っても、スプリットタンとかスカリフィケーションとかではなく、
「柔軟性をやしなうこと」
それだけです。

小学生のころから常に学年一身体が硬い私が、
柔軟性のある身体になることを目標に
日々ストレッチ頑張ろうということで
ブログで宣言させていただきました。

きっかけは、
1)クラシックバレエ(大人の)の体験教室(先週火曜日)
2)ダンス・メソッド「GAGA」(ピープル)のオープンクラス受講(昨日)
3)コンテンポラリーダンスのオープンクラス受講(昨日)
です。

GAGAとは、「イスラエルが誇る世界的振付家オハッド・ナハリン(バットシェバ舞踊団)が考案した動きのテクニック『GAGA(ガガ)』。ナハリン自身のリハビリテーションのために考案した「動く喜び」を実感するための運動です。GAGAには、ダンサーのためのGAGAダンサーと誰でも参加できるGAGAピープルがあります。現在イスラエルでは、舞踊団の若手ダンサーが近隣の高校などにGAGAを教えに行ったり、軽い運動がしたい人、運動不足の人、スポーツが苦手な人などがスタジオに集まり、GAGAをやっています。さらに、世界でもGAGAが開催される場所が増えています。(GAGA JAPANの公式サイトより引用)」

詳しくはこちら

というわけで、がんばります。
ブクログとか、ねむログのような
自分の柔軟の記録がつけられる
柔軟ログとかストレッチログ的なものはないかしらん。
タグ:柔軟
posted by sanoua at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

訃報:マース・カニングハムさん

アメリカの偉大な振付家さんです。90歳でした。
RIP.

以前読んだ「ダンスの20世紀」の感想からのメモを、採録。
・マース・カニングハム(1919〜)・・・ワシントン州生まれ。俳優を目指して入ったコーニッシュ・カレッジでジョン・ケージ(教師)と出会い、転校したベニントン・カレッジでグレアムに出会う。。38年、グレアム舞踊団に参加。43年からケージとコラボ、53年舞踊団結成。R・ラウシェンバーグ、J・ジョーンズともコラボ。ポスト・モダンダンスの代表(イボンヌ・レイナー、スティーブ・パクストン、トリシャ・ブラウン、バーバラ・ロイドなど)がカニングハムの下にいた。音楽と舞踊は同時に存在し、勝手に関係の外側に流出しはじめる。チャンス・オペレーションで振り付けの構成的な意図を破壊(中心の多様性、非焦点敵)、時間構造がフラット、モダンダンサーの中で、もっともバレエに近い位置にいた。「四季」、「夏の時間」(NYCBのレパートリー)、内面性と全く関係を断ち、物語を全く排除しているアブストラクト・バレエはカニング
ハムの舞踊論に近い、グレアムとの別離「私は、イメージとか観念によって仕事をしない−肉体によって、仕事をする。そして、ダンサーの動きがなにものかを意味しているなどと考えだすことを全然のぞまない。・・・特定の動きは特別なあることを意味すると(グレアムに)教えられた。私はそんなことは無意味だと思った」、50年代は偶然性を利用した「無題のソロ」「フラグメント」、60年代は厳密に振付けた作品、ダンサーの即興性の重視「フィールド・ダンス」(63年)、「物語」、音楽は舞踊に従属せずそれぞれが独立している(「スクランブル」では、本番当日にダンサーが音楽を聴いた)、80年代「ファブリケーションズ」「ピクチャーズ」


さいきん、本当に続きすぎですね。しょうがないことですが。
posted by sanoua at 12:31| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ほんの近況、それ以外。

最近、なんだか忙しくて、映画をがっつり見る余力がない。
その分、平日の息抜きとして読書がけっこう楽しみ。
というわけで、最近読んだ本を、★と一緒に羅列してみます。
簡単な(まことに簡単な)感想は、ブクログの
sanouaの本棚
をご覧ください。
最近は、なぜか、三日に一冊ずつくらい分厚い京極夏彦を読んでます。
暑いからかな。
通勤時間+睡眠前のひとときでこのペースなので、
平日の息抜きと言いつつ、睡眠時間をちょっと圧迫中。

あと、最近のsanoua的流行は、
「ザ・ユニバース〜宇宙の歴史〜」(ヒストリーチャンネル)
今年は世界天文年(ガリレオ・ガリレイが望遠鏡で初めて天体を観測して400 年だから)ということで、
毎日23時から放送されているのです。
これに間に合うように帰宅できないと、
見られない+帰宅遅すぎ(午前0時)ということでちょっと悲しい。。。

ちなみに、京極夏彦にはまる前の通勤時間の楽しみは
ヴォイニッチの科学書
というネットラジオでした。
最初は無料のポッドキャストだったけど、
今は有料放送で、FeBeというところで購読の登録をする必要があります。
「あなたの心に科学の火を灯す」というキャッチコピーを持つ番組で、
すご〜く分かりやすく科学の話をしてくれていて面白いです。
独特のテンポに、かなりはまります。
毎週土曜日に更新されます。

音楽はあまりちゃんと聴いていなくて、そんな中、
N響アワー(あらためて書くと、歴史を感じさせる名前だな)で放送された
庄司 紗矢香 20世紀の名曲を弾く!
リゲティのヴァイオリン協奏曲は面白かったです。CD買う予定ですが未チェック。
それからBjorkのVoltaicのライヴDVDが凄く楽しかった。
それくらいです。
SageFrancisのSICK OF WASTINGすら聴けてないという体たらくでございます。

閑話休題。閑話の方が長くなってしまいましたが、
以下が読んだ本の羅列です。
エントリを書いた「犬神」のあとから、読んだ順。
こうやって並べると、そんなに読んでませんね。

これは「犬神」より前。→コンゴ・ジャーニー / レドモンド オハンロン  ★★★
5月29日 怖い絵 / 中野京子 ★
5月31日 ぼくには数字が風景に見える / D. タメット ★★★★
6月6日 パワー (西のはての年代記 3) / アーシュラ・K・ル=グウィン ★★★★★
6月7日 ユリイカ2006年8月臨時増刊号 総特集=アーシュラ・K・ル=グウィン ★
6月27日 文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫) / 京極 夏彦  ★★★
6月30日 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) / 京極 夏彦 ★★★
7月3日 文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫) / 京極 夏彦 ★★★
7月8日 文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫) / 京極 夏彦 ★★★★★

ぱら、ぱら読んでいる?本
シャーロック・ホームズとお食事を―ベイカー街クックブック
これは、ホームズ好きには、かなりオススメです。
>ブクログ sanouaの本棚
posted by sanoua at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

訃報二つ。


●ピナ・バウシュさん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5
6月30日、68歳。
ガンの告知を受けた5日後に亡くなったそうです。
ドイツの振付家兼演出家で、ヴッパタール舞踊団の芸術監督です。
一度は観たいと心から思いながら、はたせていなかった方。
非常に残念です。

●土居健郎さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%85%E5%81%A5%E9%83%8E
7月5日、89歳。
日本の精神科医で、精神分析家。
『「甘え」の構造』でとても有名な方です。

きよしろう、ベジャール、河合隼雄。
どうしようもないないけれど、寂しいですね。。。
posted by sanoua at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ツブヤキ: the FREE houdini

携帯からツブヤキですが…


themselves

の新譜

the FREE houdini

が、格好良すぎです。大好きなので、凄く楽しみにしていたけれど、その期待を、はるかにはるかに、はるかに上回る格好良さ。たまりません〜。ドキドキしながら聴いてます。
posted by sanoua at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

名古屋でお仕事

090319_1941~01.jpg090320_2140~01.jpg090320_2120~01.jpg待ちに待った連休ですのに、19日から、二泊三日で名古屋でお仕事でした。名古屋は二回目です。
お昼ごはんは、お仕事で頂けるので、夕飯だけパチリ。

1日目は、山本屋の味噌煮込みうどん。山本屋は「総本家」と「本店」とあるらしいのですが、本店がオススメとのことで、そちらに行きました。
名古屋コーチン入りにしたのですが、ものすご〜く美味しかったです!おうどんを煮込むなんて!と思っていましたが、かたい麺が絶妙でした。
あと、凄くびっくりしたのですが、お鍋の上に載ってくる蓋的なもの(でも、空気穴無し)に、うどんや具を一旦載せてから、頂くのが正しいマナーみたいです。
じゃあ、セットで頼むごはんを蓋的お皿に入れて、うどんの味噌出汁をかけて食べるのか、というと、それは違うようですので、ご注意。

2日目は、前回も食べた山ちゃん手羽先。前回、美味しすぎて写真を撮れず、今回は現物を撮るぜ!と意気込んで行きましたが、目の前に手羽先が現れた瞬間に、そんな理性は吹っ飛んで、手羽先にかぶり付いて、満腹になるまで写真なんて全く思い出しませんでした…。
ということで、今回はメニューと外観写真を。前回の山ちゃん飴写真よりはマシと言うことでお許しください。

二回目名古屋訪問で、名古屋は美味しい!という認識を強くしました。

今後の目標は、お仕事の関係でまだ未経験なモーニングを食すことです。
posted by sanoua at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

名古屋〜♪

081030_2020~01.jpg081101_0117~01.jpg昨日から明日まで、名古屋でお仕事です。
ゆっくり名古屋は、意外とはじめて。

朝から夜までは、みっちりお仕事なので、お楽しみは夕飯〜♪ってことで、昨日はしゃぶしゃぶ。

しゃぶしゃぶと言っても、お肉ではなくて、何とまぐろ。そして、まぐろと言っても、赤身ではなくて綺麗なピンク色の脂身です。

これを、昆布だしのお鍋でしゃぶしゃぶっとして、ネギや白菜といただきます。かなり美味しかったです〜♪

あと、まぐろの皮が少しだけ入るのですが、これがまた、凄く美味しかった〜。日本酒にぴったりです。

ちなみに、脂身はまぐろのお腹部分だそうです。

今日は、有名な手羽先の山ちゃん。こちらも、初めて。

びっくりするくらい胡椒がきいた、カリカリあげの手羽先なのですが、いくらでも食べられます〜。結局、何人前食べたのか。恐。

他にもメニューはあるけど、私は手羽先とキュウリだけとかで十分満足できそうです♪

食べちゃったので、キャンディ画像。
posted by sanoua at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

マロングラッセの季節

081029_2200~01.jpg081029_2202~01.jpg突然ですが、やってきましたね、栗の季節!

sanouaは、ゆがいただけの栗も、この時期だけに出る、栗だけで作ったような和菓子の栗きんとんも好きですが、何と言っても一番好きなのは、マロングラッセです♪


毎年決まって求めるのはマリアージュ・フレールのマロングラッセなのですが、今日はこんなのを♪

これは、何と缶詰めになっていまして、缶切りで空けると、紙で包まれたマロングラッセちゃんが7つ鎮座しています。

お味は、かなりかなり美味でした♪比較的あっさりしていて、苦手な人も食べやすいかも。

箱も可愛い!
posted by sanoua at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

ジグソウ発見♪(not 『SAW』話)

タイトルの通り、SAW関連の記事ではありません。
11月28日公開ですね♪すごく楽しみ〜〜〜目揺れるハート

最近、ケーブルTVで『エイリアス』という海外ドラマを
2回くらいちらっと観て、
ヒロイン(ジェニファー・ガーナー、ベン・アフレックの妻)の
毎回のコスプレの似合い具合にはまってしまい
仕事もかなり忙しいにも関わらず
シーズン1からDVDを借りて
まさに睡眠時間をけずって観ていたところ。

何と、ジグソウ役のトビン・ベルが出演してました〜♪
ジグソウ以外で観たことがなかったので
何でこんなところに!と楽しい驚きでした。笑

それだけ。ちょっとうれしくて。中身なくてごめんなさい。

これだけではなんなので、最近読んでいる本。

大気の海―なぜ風は吹き、生命が地球に満ちたのか大気の海―なぜ風は吹き、生命が地球に満ちたのか
渡会 圭子

早川書房 2008-01
売り上げランキング : 219491
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


毎日出版文化賞受賞『スノーボール・アース』のガブリエル・ウォーカーの最新作

私たちは惑星の表面に暮らしているのではない。
大気の海の底で生きているのだ。


 1960年8月。ジョゼフ・キッティンガーは大空の端から飛び降りて、地表に生還した。彼は3万メートル以上の上空、与圧服がなければ血液が沸騰し、同時に体中が凍りついてしまう苛酷な場所へと巨大なヘリウム気球で昇り、そこからパラシュートで降下したのだ。

 キッティンガーが降下の間に通りぬけたこの大気が、地球を生命で満たすことを可能にした。大気は呼吸に不可欠であるだけではない。それは植物によって気体から固体の食物へと姿を変えるし、大地を暖かい毛布のように包み込む。さらに、遠距離無線通信を可能にし、宇宙から降り注ぐ危険な放射線を防ぐ役目も果たしているのだ。

 17世紀のガリレオによる空気の重さの測定、隻眼のパイロットが発見した「空気の大河」ジェット気流、農家の若者が納屋の扉を黒板代わりにして解き明かした大気の循環の謎、ぜったい安全であるはずの冷却剤がもたらした思いもよらない危機……。『スノーボール・アース』のガブリエル・ウォーカーが、大気の謎とそれにかかわった人々の歴史から、地球に生命が存在する理由にもつながる壮大なストーリーを描いていく。わたしたちの頭上に広がる世界を巧みに綴った傑作サイエンス・ノンフィクション。
ハヤカワ・オンライン『大気の海』より引用

凄くおもしろいです。
ラボアジェ(>wikipedia)のフランス革命後の恐怖政治時代の、ギロチンによる処刑で号泣。
「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」byジョゼフ=ルイ・ラグランジュ


posted by sanoua at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

京都でお仕事

081012_1241~01.jpg081012_1240~01.jpg081012_1647~01.jpg081012_1647~02.jpg081012_1649~01.jpg昨日と今日はお休みなしで、京都でお仕事。
京都は一時期住んでたからか、今でも訪れて三方を山に囲まれると、不思議な安心感に包まれます。

途中で時間が空いたので、下調べしておいたドルフというお店でランチしました。予想より美味しかったです!私は一番人気らしい煮込みハンバーグセットにしたのですが、ソースはナツメグ(多分)が程よくきいたゆるめのトマトソースにキノコ類が沢山入ってます。

ソースに隠れたハンバーグはとても柔らかく、付け合わせのお野菜も美味しかったです。そして、パンとバターが私はかなり好きでした。


近くに行かれる方は、是非行ってみてください。カレーも美味しそうで、悩みました。


あと、ひとりだったので小説も買ってみました。ドルフの道を挟んで斜め向かいは、何とブクオフさんなんですね〜。ひとりランチには、かなり素敵な場所です。


小説は、有名なSF小説の『虎よ、虎よ!』。

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2) (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2) (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
寺田克也 中田 耕治

早川書房 2008-02-22
売り上げランキング : 23481
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テレポーテイションが可能になって、富と窃盗、略奪、そして恐るべき惑星間戦争が起こっている25世紀を背景にした、望まずして顔に異様な虎のタトゥーをされた男の、無限の時空をかけた絢爛たる復讐劇!


という感じで、60ページくらい読み進めて、まさに復讐劇が始まりそうな予感。かなり面白いです(全440ページくらい)。

あと、夕方に晴れてきてお空が綺麗になってきたのでパチリしてみました。京都は良いなぁ。
posted by sanoua at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

凄く良かった…!

行ってきました、RADIOHEAD!

凄くすごく良かったです!!

二時間以上もしてくれて、盛りだくさんで豪華でした。

セットも凄く綺麗でした。

初めてアリーナ席で観たので、トム様が大きくて嬉しかった〜(笑)。

曲目とかは、いつも通り覚えてないけど、本当にどれも良かったです。videotapeは、何だか涙が出ました。とても美しかったです。
posted by sanoua at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はついに!

おはようございます。ただいま朝の5時半、今日は始発で出張です…。こんな早くというのは慣れないことでして、かなり眠いです…(∋_∈)

でも!今夜はついに!待望のRADIOHEADでございます!(≧ω≦)b

トム様をおがめると思うと心が踊ります〜!しかも、IN RAINBOWSは名作。特に美しいvideotapeが生で聴けると良いなぁ(*^_^*)

仕事をさくっと切り上げて、必ず遅刻せずに行きます!
posted by sanoua at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

更新お知らせ3個。

観た・読み終わった日付で映画と本をUPしました。

2008年08月23日 ファヴェーラの丘【2005/ブラジル・米】

2008年08月25日 [本]また会う日まで ジョン・アーヴィング


2008年09月06日 [本]魔術師 ジョン・ファウルズ

上記の小説は、2つとも長さ・内容ともにヴォリューミーでして、良い意味でお腹一杯になって、「宇宙エレベーター」などを読んで、ちょっと休憩してました。

宇宙エレベーター宇宙エレベーター
アニリール・セルカン

大和書房 2006-06-22
売り上げランキング : 4605
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「宇宙エレベーター」、すごく面白くて良い本でしたよ!また感想書きます。

今日から「コンゴ・ジャーニー」を読み始めました。まだ6ページくらい。
posted by sanoua at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

伊豆 純米吟醸原酒「大沢里(おおそうり)」

080906_0021~01.jpg

こちらは、GWに伊豆旅行に行ったときに買ったお酒。伊豆の名水である天城深層水「健」仕込み。帰宅したあと忘れていて、やっと飲みました。

個性の強い、味の濃いお酒。かなり辛口。この間の純米大吟醸 氷室が、すごく飲みやすいシャンパンだとすると、こちらは結構古めの赤ワイン的な感じ。ブルーチーズとか合いそう。

伊豆旅行ですが、西伊豆の方をまわったのですが、かなり良いところでした!地形がすごく豊かで、とても気持ちよかったです。特に、西天城高原は、神様が降りてくるかと思いました。本当に、神々しい場所でした。

そして、その豊かさに比例して食べ物もおいしかった。海の幸、山の幸。それから、わさびソフトも、もちろん美味でした〜(ご当地ソフト好き)。あと、農協の方が美術館の外で出されていた屋台の、みかんの生絞りジュースが相当おいしかったです。
posted by sanoua at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

更新お知らせ2個。

映画1つと本1つを観た・読み終わった日付でUPしました。

8/29 赤んぼ少女【2008/日本】(スクリーン)

8/18 [本]コレラの時代の愛  G・ガルシア=マルケス

あと、近々「また会う日まで」ジョン・アーヴィングと、「ファベーラの丘」などの感想もUPします。
posted by sanoua at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

飛騨高山 純米大吟醸 氷室

080823_2307~01.jpg

夏休みに長野・岐阜に旅行に行って、飛騨高山で利き酒して買ったお酒。

期間限定の純米大吟醸。生酒ですので、要冷蔵。

香りは大吟醸なだけあって、華やか。でも実直な雰囲気もあるところが、私的には点数高いです。味は、うまみが深く、コクも適度にあって、しかも素敵なことに、甘過ぎない。

クセもなく飲みやすいので、くいくい入ってしまう、ちょっとキケンなお酒かも。

こういうのって、現地で味見して感動しても、家で飲むとあんまり…ってこともあるのですが、これは家のリビングで飲んでも、やっぱり美味〜でした。


初めて訪れた飛騨高山のまちは、凄く雰囲気があって、好きになりました。朝市も楽しかった。しかも、つくり酒屋が沢山あって、有料で味見(お猪口になみなみ一杯)できて、凄く楽しかった!今回は時間がなくて、二軒しか利き酒できなかったので、今度はゆっくり行きたいと思いました。

また行きたいと思う、もう一つの理由は、カラクリ人形。かなり好みでした。お祭りがあるらしいので、その時期に行けると良いなぁ。
posted by sanoua at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

昨日の空

080818_1855~01.jpg080728_1847~01.jpg昨日、外に出ると、空がピンク色と水色でとても優しげで綺麗だったので、携帯でパチリしました。

ちなみに、もう一枚のは、20日前くらいに、同じ場所でほぼ同じ時刻に、やっぱり綺麗だったので撮影したもの。

夕焼けになるにはまだ少し時間がある、薄い金色の空。この携帯画像では分かりませんが、沈もうとする太陽の方、つまり下からレンブラント光線みたいになっていて、少し神々しい感じの空だったのです。

こうやって同じ場所、同じ時刻の写真を見比べると、まだ暑いけど、確実に日は短くなっているのですね…。

同じ場所に同じ時刻で撮影と書いてて、スモークを思いだしました。好きだなぁ、あの映画^^
お祭り気分で観に行ったブルー・イン・ザ・フェイスもなつかしひ。
posted by sanoua at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

これから観たい映画メモ。

観たいと思っていたJUNOが、気づいたら終わっていてショックだったので、
これから観たい映画のタイトルと上映時期を忘れないようにメモ。


■コレラの時代の愛
http://kore-ai.gyao.jp/
原作未読ですが、私の中で外れのない作家認定なガルシア・マルケスということで。
しかも「夜になる前に」、「ノー・カントリー」と才能を見せ付けてくれているハビエル・バルデムが主演。
観ずにどうする。
9月くらい。
コレラの時代の愛 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1985))コレラの時代の愛 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1985))
木村 榮一

新潮社 2006-10-28
売り上げランキング : 2435
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



■赤んぼ少女
http://akanbo-movie.com/
楳図かずお神の傑作の映画化。
ホラーだけに終わらない、かなり泣けるタマミちゃんの悲劇ストーリーがちゃんと映画になっているかしら。
楽しみかつ不安な感じです。
8月。終わらないうちに行かないと。

私が読んだのはこれではなく、角川ホラー文庫ですが、傑作なのでご紹介。
赤んぼ少女 (ビッグコミックススペシャル)赤んぼ少女 (ビッグコミックススペシャル)
楳図 かずお

小学館 2008-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



■SAW V
http://www.saw5.com/
SAWファンとしては、当然観にゆきますとも。
上は、アメリカの公式サイト。
日本のは、見つけられず。日本公開は、11、12月くらいかな。
ハロウィーンに全世界同時公開してくれたら良いのになぁ。


■ブラインドネス
http://blindness.gyao.jp/
「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督。
2008年11月公開予定。
原作も面白そうなので、読んでから観ようかなと。
ノーベル賞作家のジョゼ サラマーゴの『白の闇』。
白の闇 新装版白の闇 新装版
雨沢 泰

日本放送出版協会 2008-05-30
売り上げランキング : 31500
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



■ファヴェーラの丘
http://www.nowonmedia.com/favela/
「シティ・オブ・ゴッド」でも描かれたリオデジャネイロのスラム街“ファヴェーラ”が舞台で、音楽によって変革をもたらす男性の話。みたいで、ぜひ観たい。
もう公開。短いので忘れずに行かなくちゃ。
シネ・ヌーヴォでは、8月9日の上映前に、何とカポエィラのショーがあるらしいです!
私は慶事で行けないですが・・・。


■The man who bottled clouds
samba、bossa novaに並ぶブラジリアン・ミュージックのジャンル、Forroに関するドキュメンタリー。
羽鳥美保さんのブログで紹介されていて、とても観たいと思いました。
日本で上映してくれるかな。

villagevoiceの記事
http://www.villagevoice.com/2008-07-16/film/the-man-who-bottled-clouds/

ちなみに、本は「針のない時計」(マッカラーズ)を先日読み終わりました。簡単な感想は、ブクログにUPしております。

で、今は「宇宙エレベーター」に手をつけんとしているところ。
宇宙エレベーター宇宙エレベーター
アニリール・セルカン

大和書房 2006-06-22
売り上げランキング : 3768
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by sanoua at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

[試写会]SEX AND THE CITY

友達に誘われて、SEX AND THE CITYの試写会に行ってきました〜。

公開前なので、何も言えないけど、とりあえず服買いたい熱が上がりまくりました。やばい。


ちなみに私はドラマを3/5くらい飛び飛びに観ていて、同行者は最初の5話しか観ていないけれど、二人とも十分楽しめました。


ドラマは見てなくても、服好きな女子たちは楽しめると思います。私と同年代勤労女子には、特にオススメ。ガールズ・ブラボー!(@岡崎京子)って叫びたくなるかも。
posted by sanoua at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。