2008年07月04日

[更新メモ]メールフォームを付けてみました。

このブログで、たまにコメントが弾かれてしまうらしいのです。貴重なコメントですのに。。。

なので、取り急ぎメールフォームを付けてみました。広告が入ってしまうので、右ナビのいちば〜ん下に。猫とねずみがおります。

メッセージを下さる方は、ぜひご使用ください。自分のメーラーから送りたいという方は、ksanouaあっとまーくgmailどっとcomまで、ひらがな部分を直してお送りください。

取り急ぎ、更新メモでした。
posted by sanoua at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

西本智実「新世界ツアー」

知人に誘われて、西本智美さん(指揮者>オフィシャル・サイト)のコンサートに行って来ました。西本さんは、実は聴いたことがなくて、お姿のみ存じ上げている程度で。でも、想像より良かったです。

概要は、こんな感じ。

指揮/西本智実
管弦楽/モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団
曲目/ビゼー:「カルメン」第1組曲
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11(ピアノ:関本昌平)
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調「新世界より」op.95
アンコール/ビゼー:「アルルの女」第2組曲より、ファランドール


どれも知ってる曲だから、予習していかなかったのを少し後悔しました〜。やっぱりクラシックは予習していかないと楽しみが半減です。

続きを読む
posted by sanoua at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

魔笛 ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場(フェスティバル・ホール)

mateki.jpg

モーツァルト生誕250周年記念の締めくくりということで
モーツァルトオペラ全21作品を上演し続けている
世界唯一の歌劇場、
ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場の引越し公演に
行ってきました。

オペラは二年前に行った、ハンガリー国立歌劇場の「椿姫」以来。
あの時は、ヴィオレッタ役のアンドレア・ロストが最高で
オペラって凄いなぁと実感できた舞台でした。

で、今回なのですが続きを読む
posted by sanoua at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ユンディ・リ×ウィーン交響楽団 グリーグ、モーツァルト

@フェスティバルホール。

↓曲はショパンですが、ユンディ・リのイメージ画像と思ってクダサイ。
ショパン・リサイタル ユンディ・リ/デビューショパン・リサイタル ユンディ・リ/デビュー
ユンディ・リ ショパン

ユニバーサルクラシック 2001-11-28
売り上げランキング : 2464
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


繊細で壊れそう華やか優しくて、独特のタメでほんのりセクスィィ。
それなのに、どこまでもまっすぐで健康的なショパンを弾かれる
ユンディ・リさんが、グリーグのこのジャジャーンな協奏曲をどう弾くのか、
楽しみに行きました。

繊細さと、若さと健康さからくる力強さの最大公約数なあたりで繰り広げられた演奏で、感動しました。
一つひとつの音を凄く丁寧に、しかも力強く。

そして、ウィーン交響楽団の演奏もすごかったです。
このファビオ・ルイジという指揮者はすごいかも。
優雅にうねってました、演奏。
そしてフルートとホルンがものすごく美しかったです。垂涎。

残念だったのは
続きを読む
posted by sanoua at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ヨーヨー・マ+ジンマン+チューリッヒ・トーンハレ

デイヴィッド・ジンマン指揮、
チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 with ヨーヨー・マ
に行ってきました!
曲目は
ドヴォルザーク :チェロ協奏曲 ロ短調
バッハ:無伴奏チェロ組曲第三番 サラバンド(アンコール)
シューマン:交響曲 第2番

大感動でした!

続きを読む
posted by sanoua at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ラ・フォル・ジュルネ2006 Mozart ミサ曲ハ短調ほか

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2006
●プログラム212
モーツァルト
歌劇「ドン・ジョバンニ」K.527 序曲
フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調 K.315
フルートとハーブのための協奏曲 ハ長調 K.299

工藤重則(フルート)
吉野直子(ハープ)
トウキョウ・モーツァルト・プレイヤーズ
沼尻竜典(指揮)

●プログラム213
モーツァルト ミサ曲ハ短調 K.427

カティア・ヴァレタズ(ソプラノ)
谷村由美子(ソプラノ)
ヴァレーリオ・コンタルト(テノール)
ヴァンサン・ピニャ(バス)
ローザンヌ声楽アンサンブル
シンフォニア・ヴァルソビア
ミシェル・コルボ(指揮)
続きを読む
posted by sanoua at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ラ・フォル・ジュルネ2006 Mozart レクイエム ニ短調  K.626

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2006
プログラム114
モーツァルト 
レクイエム ニ短調  K.626(モーツァルトによるオリジナル版)
レクイエム ニ短調  K.626(ジュスマイヤー版)

谷村由美子(ソプラノ)
ヴァレリー・ボナール・ビュクス(アルト)
ヴァレーリオ・コンタルド(テノール)
ステファン・インボーデン(バス)
ローザンヌ声楽アンサンブル
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ミシェル・コルボ(指揮)

モーツァルト版は、初めて聴いたので面白かったです。



続きを読む
posted by sanoua at 21:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽-クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。